ホワイトゴールドの落とし穴!! 気むずかし屋のピンクゴールド ホワイトゴールド・ピンクゴールドってどんな地金なんだろう? アトワンスtop





ホワイトゴールド・ピンクゴールドって
どんな地金なんだろう?





”18金 or K18”
多分皆さま普通によく見聞きする単語ですね
ジュエリーショップの店頭で
あるいはインターネット店舗の文字列の中で
ありとあらゆる場所で見かけるこの言葉の意味
何となくは知っていても
はっきりとご存知の方はどのくらいいらっしゃるのでしょう?



まず金とは何?というところから・・・


純金(言葉通り純粋な金)は24金です
これは性質としてとても柔らかい地金です
このまま例えば指輪に加工するとどうなるかというと・・・

もしシャープなデザインに加工したとしても角がだれてくる
繊細なデザインにしたとしても変形してしまう

などなど細かなデザインは成り立ちません
お年を召した方が時々着けていらっしゃいますが
皆さま一様に甲丸タイプの単純なデザインですね
なるほどそれで!とご納得頂けるかと思います


それではどうしたら良いの??


この純金に他の割地金(銅や銀、パラジュームなど)を入れることにより
少し質を落とす事により地金自体の強度を増す事ができます
こうすることによって指輪やネックレスなどとして
お好きなデザインに加工できるように
また安心してお着け頂けるようになります

割地金の比率によってその純度は変わるわけですが
一番ジュエリー加工に適している純度が18金(K18)となります
純金に25%の割地金が入っている地金
それが18金です

(割地金の比率が上がれば上がるほど金としての純度は落ちていき
14金、10金・・・となっていくわけです)





24金(75%)+割地金(25%)=18金

 
この25%の割地金に何を利用するかによって
出来上がりの地金の色は
→K18イエローゴールド
→K18ホワイトゴールド
→K18ピンクゴールド
と変化します

(*注 ホワイトゴールドのみ仕上がりの色がきれいな銀色ではないのでめっき仕上げをする必要があります)

割地金の内容は業界内ではほぼ決まった物があるのですが
メーカーによっては多少違う物を利用しているところもあるようですね
そこには少しでも原価を抑えたいという
よからぬ理由もチラホラあるのはちょっと悲しい事実!?
量産しているメーカーさんにとっては
少しの原価の違いがとても大きな結果になるのでしょう

(特質については
ホワイトゴールドピンクゴールドのページで詳しく記載していますのでご一読下さいませ)


アトワンスでは当り前のことですが、
それほど大量の品物を一度に作る予定もなければ資本力もありません
お客さまからのご要望にお応えするべく、
日々丁寧に一つ一つの品物を加工させて頂いております
鍛造工法はとても手間の掛かる工法ではありますが、
その分地金の目はしっかりと詰まって心地よい重みがあります
そして指当たりの良い着け心地の良い出来上がり
それを目指して日々加工に取り組んでおります

アトワンスでは
ホワイトゴールド、ピンクゴールドの加工を承った場合
私どもで割地金を混ぜて地金を一から調合して加工させて頂いております
市販されている物の中には
一体どんな割地金を使っているのだろう?
というような得体の知れない地金や
他の地金にその色のめっきをかけて仕上げるような??な物とは
明らかに違いますので、
その点どうぞご安心下さいませ。


”この品物は一体どんな割地金を使っているんだろう?”
実はこの疑問
修理などでお客さまから品物をお預かりした時に
その品物を高温の火に入れたときに
その地金の溶け方、色の変わり方で
あれっ???何か変だな?と初めてわかります
長年地金と向き合ってきた職人だからこそわかることかもしれませんね
見かけは全く同じように見えるのです
が、メンテナンス時にこれはおかしい??ということになります

例えばこういうこともあります
メーカーさんが量産して売れ残った大量の品物
これが例えばピンクゴールドだったら売れるのに・・・
ということでピンクゴールドめっきを掛けて新しい品物として店頭に!
こういうことが稀ではあっても実際にあることも残念な事実です


ただお断りしておきたいのですが
このめっき作業自体が全
く違法なものか?というとそうではありません
それをそうと告げずに販
売する側の姿勢に問題があると思うだけです
お買い上げにな
られたお客さまがしばらく使っている内にめっきがはげてきて
あれ??と不信感
を抱かれることがあってはいけませ
そこが心配な所です

私どもでも例えばお客さまがお持ちの品物が18金で飽きてしまったので
プラチナ色にしたいというようなご相談を受けてめっき加工させて頂くことがあります
このようにご理解頂いたうえでのことでしたらそれは何ら問題はなく、
却ってこれも合理的な一つのリフォーム方法と考えられるかもしれませんね



市販の量産品の中には信じられない位の安価な品物があります
どう考えても私どもでは対応不可能な破格安値の品物?!
もちろんそれぞれの企業努力によって立派に成り立っている業者さんもいらっしゃるのですが
中には不誠実なからくりを隠し持つメーカーがあるのもまた一つの真実です

いずれにせよ
お客さまが安心して全て納得の上でより良いお買い物をして頂ける
そんな世の中であればいいなぁと
この業界の底辺で仕事に励む一職人は考えています



ホワイトゴ−ルドの落とし穴!!はこちらから

気むずしやのピンクゴールド
はこちらから

ホワイトゴ−ルドリングを鍛造工法でオーダーメイドするということ!

ピンクゴールドリングを鍛造工法でオーダーメイドするということ!



オーダーの選択時は数限りなくあります
見積もりは無料です!
どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ


ご意見・ご要望、各種お問い合わせはこちらからどうぞ
E-mail atonce@atonce-yubiwaya.com

電話・ファックスでもお受け致します
(なるべく朝9時から夜9時の間にお願い致します)
電話・ファックス 06−6359−2303

工房の方に直接お出で頂く事も可能です
(前もって必ずご予約頂きますようにお願い致します)


〒531−0071 大阪市北区中津3−3−23−303
運営統括責任者 細井裕子
加工責任者 細井幹夫



Home