お手元にあったメレダイヤを使っての緩やかなV字リング加工をさせていただきました。
これもまたもともとお持ちだった変形プラチナダイヤV字リングと合わせて着けられるようにということで加工を承りました。このプラチナリングの変形具合が少し難題で結局かなり緩やかなV字にしないと沿わないと言うことがわかりました。
実はお客さまはもう少し華奢なリングをご希望だったのですが、ダイヤが思いのほか大きく、これ以上細くすることはできませんでした。

Home Back