プラチナレール留めタイプのペンダントトップからのリフォームです。
リフォーム前はあまりダイヤも光らず、また胸元で引っくり返るとの事でずっとしまわれていたそうです。これならどんどん普段使いに利用できますと喜びのお言葉を頂きました。
既製枠か全くのオーダーメイドにするか迷われたのですが、胸元での安定感はオーダーメイドのほうが絶対お薦めでしたのでこちらの形になりました。横から見た感じが華奢ではないので嫌がる方が多いのですが、胸元で落ち着くことがペンダントトップの命とアトワンスは考えています。
これをご覧頂いている貴方もタンスの肥やしにしているジュエリーがありませんか?この機会に思い切ってリフォームしてみませんか?