あるお客さまの不安な気持ちにお答えして   



実際のお客さまとのやり取りをお許しを得て載せています。
ジュエリーに関してお悩みをお持ちのあなたも
これをご覧になられて、私も質問してみよう!そう思われたらどうぞお気軽にお問い合わせください!!
誠心誠意出来る範囲でお答えします

04/11/22 0:11 件名 質問です!
はじめまして。鹿児島の××と申します。
ハーフエタニティリングで検索していたらアトワンスさんのホームページに出会い、ホワイトゴールドの落とし穴やサイズ直しの話など興味深く見せいただきました。全く関係ない話で大変恐縮なのですが、宝石に関して全くの素人で他に相談する先も分からないので是非教えていただきたいのです。
先日老舗の宝石店でハーフエタニティリングを購入しました。
実は結婚指輪を失くしたため、10年目のお祝いにとあらためて主人に買ってもらった大切なリングなのです。私は7号サイズなので1ヶ月待ち、指輪を受け取ったまでは良いのですが、0.19ctで出来上がってくるはずのものが0.17ctのダイヤになっいたのです。帰ってからすぐに気がつき、お店に問い合わせて、現在はーカーの返事待ちです。たったの0.02ctですが、なんだか腑に落ちないのです。

いわゆるマリッジリングなどを専門に扱うメーカーなのですが、主人は最初に見た商品と違うものを買うべきではない、0.19ctで作り直してもらうべきだと言っていますが。。。
相場というかだいたいどの位の違いがあるものなのか参考までに教えて頂きたくメールしました。お店の担当の方に質問してもなんだか頼りない返事しか返ってこなくて不安な気持ちです。

突然のぶしつけなメールでごめんなさい
お返事どうぞ宜しくお願い申し上げます!!
                        鹿児島市 ×× 
04/11/22 1:17 ありがとうございます。アトワンスです。
××さま
 
こんばんは。こちらはアトワンスです。
そうですね。よくあることですね。ですが、お客様のお気持ちとしてはほんの少しでもダイヤのカラット数が減るというのは何か損をしたお気持ちになられるのも無理のない事かと思います。まず大体の仕組みをお知らせしたいと思います。

・お店ではじめにご覧になられたハーフエタニティリングはカラット数が0.19ctだった
・サイズが7号であるため、別注という形?で、お待ちになられていざお手元に届いたものを見てみると0.17ctの石目になっていた 
 

これはダイヤの数は同じでしたか?もしそうでしたら新しくそのハーフエタニティリングをサイズ7号で加工した際にダイヤの数を合わせて15石で加工したのでしょう。私どもでもそうですが、ダイヤを仕入れる時に0.01ctのダイヤを例えば20石とか、0.03cのダイヤを30石とか言う風にして仕入れます。が、その一つ一つのダイヤは全く同じカラット数かといいますと微妙にそれぞれ違うカラット数のダイヤになります。細かい事を言いますと、一つのダイヤが0.012ctだとして、次のダイヤは0.015ct、次の石は0.01ct丁度と言うような事があるわけです。一つ一つ微妙にカラット数は違っていますが、それを総称して0.01ctの石を”一厘石”と専門業者の間では言って取引されています。それぞれの石の多少の違いは当たり前の事なのです。そして指輪を加工して、その指輪の内面に石目を刻印する時はそのダイヤ(今回の場合はダイヤ15石)をまとめて重量計に掛け、そのトータルのカラット数を刻印します。で、1石1石の微妙な違い×15石となりますと0.02ct位の差が出てくるのも仕方が無いかな、と思うわけです。単純に計算してみても平均1石のカラット数は
0.19ct÷15石=0.0125ct
0.17ct÷15石=0.0113ct
この差になりますね。最初にその小売店さんもこのような仕組みをはっきりと説明できればこのような疑問をおもちになられずにすませられたでしょうが、なかなか店頭にいらっしゃる店員さんはそのような作り手の細かい事まで把握している方は少ないでしょう。

おわかり頂けましたか?どうしてもお気に召さないということでしたら、クレームを言われるのもよろしいかと思いますが、職人の私どもと致しましては説明が足らなかったのは悪いとしても、それ以上の事はいたしかたの無い事のように思われます。

こちらで説明させて頂けることは以上となります。まだ何か疑問点が残るようでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。できる範囲でお答え致します。
04/11/23 1:11 鹿児島の××です!
お返事ありがとうございました。
大変詳しく且つわかりやすく説明していただきまして、感激しました。
そして気持ちが少し落ちつきました。
おっしゃる通り、お店の方からそのような説明があれば私もすんなりと納得していたのになぁと思います。お店の方からの返事は明日。。。ちょっとドキドキ。

今回は本当にありがとうございました。
心よりお礼を申し上げます。

追伸:主人の仕事関係で現在は鹿児島におりますが、主人は大阪が故郷。私も短大時代を関西で過ごしました。アトワンスさんの近郊でアルバイトに励んだ時期もあり、なんだか懐かしいような気持ちで「ひとり言」を拝見しました。あたたかい写真も、詩も、とても好きです。じんときました。 
04/11/23 2:44 ありがとうございます。アトワンスです。
××さま

こんばんは。こちらはアトワンスです。
理解して頂けたようですね。良かったです。
小売店さんがどのような対応をしてくれるかわかりませんが、お気持ちが和らいだだけでも良かったです。

ご主人さまは大阪ご出身なのですね。このお近くにお勤めになられていたこともあったとか、本当にインターネットという世界は不思議ですね。こうして遠く離れた鹿児島にお住まいのお顔も存じ上げない××さまとこのようなお話をしているのですから。先日も東京からのお客様がこちらにご相談に見えたのですが、実は実家はこちらなもので、と言う事でした。色々な方と色々なお話が出来ると言う事は夢のような出来事です。このような一つ一つの出会いを大切に思っています。そして何かお役に立てる事があると嬉しいです。
鹿児島は高校の修学旅行以来言った事はありませんが、きっと良いところでしょうね。
こうして知らない土地に思いを馳せるのもまた楽しい一時です。
 

この度はようこそ私どもの拙いページをご訪問くださいました。心より御礼申し上げます。
私の独り言のページもお読み頂いたとのこと、ありがとうございます。皆さまには不思議と良くお読みいただいているようで、時々お料理の作り方を教えてください、なんて本業とは関係ないメールが入ってきたりして苦笑していますが、でも読んで頂けることはとっても嬉しいです。また頑張って更新しますので、時々覗いて下さいませ。ありがとうございました。



このメールを頂いて
なるほどお客さまはいろいろなことで不安に思ったり疑問を持ったりなさるんだなぁ
と私どももあらためて勉強させて頂きました。
そして私どもが長年この仕事をさせて頂いたことによって得た知識や経験で
そのようなお気持ちを少しでも軽くするお役に立てるんだということもわかりました。
それは何かとても新鮮な発見でした。

きっと誰にも聞けずに、迷ったり困ったりしておられる方が他にも居られるのだろうなぁ、と思うと
ほんの一例となりますがこのようなやり取りを載せさせて頂くことによって、
そのようなお客さまのお力になれるんではないかと考えたのです。
私も一度質問してみよう!そう思っていただければこれほど嬉しいことはありません。

お客さまのご要望に応じて物を作ったり、修理したり、売ったり買ったり、というのは
もちろん私どもにとって大切な仕事なのですが、
本来職人である私どもは職人ならではのページに育てていきたい
困った時にはアトワンス!と思って頂けるような立場になりたい
と身のほど知らずの野望を密かに抱いております。
このようにえらそうなことを言っても毎日雑務に追われ
遅々としてやりたいことは進んでいない状態で口ばっかりだと非難されそうですが・・・・。
でも本気でそんなページになれたらどんなにいいだろう、といつも思っています。




ご質問がある方はどうぞお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせはこちらから
E-mail atonce@atonce-yubiwaya.com

電話・ファックスでのお問い合わせはこちらからお願い致します。
(なるべく朝9時から夜9時の間にお願い致します)
電話・ファックス 06−6359−2303

〒531−0071 大阪市北区中津3−3−23−303
運営統括責任者 細井裕子
加工責任者 細井幹夫



トップに戻る