トリニティリングをオーダーしよう!

鍛造工法で加工したトリニティリングの着け心地の良さをあなたも体感してください。


一口にトリニティリングといっても


地金の種類
1本1本の指輪の幅
仕上げ方法(艶あり、艶消し)
ダイヤやその他の宝石を埋め込む
これらの選択によって、イメージは全く違ったものになります。例えば・・・
・例えばボリュームのあるトリニティリングはその地金のずっしりとした重みと地金自体が持つ本来の美しさを味わうことが出来ます。
・それに比べると華奢なトリニティリングは指に着けていても抵抗がなく、繊細な美しさを醸し出します。
・色の違う地金を使えば、またコロっと雰囲気は変わって、例えば某ブランドのようなスリーカラートリニティリング(もっともアトワンス製はホワイトゴールドではなく、プラチナを使いますが・・・)だったり、1本だけをダイヤエタニティリングにしたり・・・
こうして挙げて見るとトリニティリングの選択肢も随分その幅を広げましたね!

カルティエに代表されるトリニティリングですが、もう完全に定番となったようですね。
人気は途絶えることはなく、かえって色々なバリエーションが増えて
最近では楽しみ方も広がってきたように思えます

アトワンスではトリニティリングについてマイナス面も合わせてご案内してきました
マイナス面を差し引いてもご要望は多くやはり人気は絶大な物です。

ボリュームのあるトリニティリングは男性の方にもお尋ね頂くことが多いです
凝ったデザインはとかく飽きてしまうもの
かといって全くのシンプルリングでは納得がいかない
本物志向のあなたにお着けいただきたい一品です





指輪の幅、材質はお客さまのご要望に沿って加工させて頂きます
ただ1点申し上げておきたいことは白色のリングに付いてですが
アトワンスではプラチナのご利用を全面的にお薦めしています
ホワイトゴールド製はめっき仕上げをしていると言う事が大いにネックになります
トリニティリングは着ける時には必ずそれぞれに指輪を擦り合わせる事になります
そのことにより、ホワイトゴールドのめっきは平常よりも早く取れてしまい、
元のきれいな状態に戻す為にはその度にめっきを掛けなければなりません
また1点1点手つくりで加工させて頂く私どもアトワンスでは
もしホワイトゴールドでの加工をご依頼頂いた場合、
地金をあわせて作るところからはじめますので
一般で小売されているような割安の代金にはならないのです
このようなことからプラチナでの加工をお薦めする訳です




本物の重み、良さは着けたあなたにしかわかりません
試してみませんか?
スルスルっとすベリ落ちる様に納まる感触
思いのほか着け心地は快適です
あなたの指に、大切な方の指に地金の柔らかな重みが幸せを運んできます




リニティリング、2連リングの
オーダー、見積もりのご依頼はこちらからどう


ご希望に沿った見積もりを追って連絡させて頂きます
自分では決められそうにないと言う方はどうぞご相談ください
一緒になっていろいろ考えさせて頂きます
もちろん華奢なトリニティリングや、ダイヤなどの石を入れたもののご依頼も受け付けます

2連・3連のどちらをご希望ですか?
地金の種類
指輪のサイズ
指輪1本の幅のご希望をお聞かせください
全部が同じ太さではない場合は、詳細をご記入ください
特記したいご希望の詳細がありましたらお聞かせください
 ダイヤなどの石をいれたい
 仕上げ方法は艶ありで、あるいは艶消しで?
などなるべく詳しくお願いします
その他のご質問も受け付けます
ご依頼主
必須入力 ご氏名

fax

必須入力 E-mail
ご住所

スパム対策のため、ご面倒ですが次の数字を入力してから送信ボタンをクリックしてください
2303



メールでのお問い合わせはこちらから
E-mail atonce@atonce-yubiwaya.com

電話・ファックスでのお問い合わせはこちらからお願い致します。
(朝9時から夜9時の間にお願い致します)
電話・ファックス 06−6359−2303

〒531−0071 大阪市北区中津3−3−23−303
運営統括責任者 細井裕子
加工責任者 細井幹夫

トップに戻る